体験談|最初は私と親友の2人でしたが。。。

超が付くほどのミーハーな私たちは、『リゾバ」の流行りに乗っかって、

友達と2人で派遣会社から交通費も出るならと箱根まで来ました。

ぶっちゃけ2人とも素敵な出会いを求めてました!笑

レストラン経験は無く簡単な仕事が良いと思い、バイキングレストランに決めました。

何も知らない私たちは、トレーの持ち方から教えてもらい仕事をしました。

朝食・ランチ・夕食営業の中でシフト制8時間と残業1時間程度ですが、特にランチがエグかったです。

一般のお客様の他に、観光バスは到着時間が決まっていて4台入ることもあり回転作業は、

嵐のように来ては帰るの繰り返しで、リセット作業はとても大変でした。

まるで博多祇園祭にでも参加しているようでした。

お陰で、事前の準備や仲間との協力の大切さが身に染みて勉強になりました。

仲間と打ち解けるのはとても早かった気がします。

月9日適度は休みもあり希望休も取れて、公私共に忙しくも楽しく過ごしていました。

あっという間に派遣期間3ヶ月が過ぎて地元に帰る予定のはずが、、、

私に彼氏が出来てしまい私だけ箱根に残る事に、、、

友達だけが地元に帰る事になりとても寂しく、悲しい気持ちでいっぱいでした。

その頃、「エキップ」が小田原にある事を流行りのインスタ(笑)で知り

もう3ヶ月だけと思って同じ箱根で派遣よりも時給が高かった紹介で

ルーム清掃のお仕事を紹介してもらいました。

その間は無駄使いを無くし貯金をした結果、彼と2人で小田原周辺のアパートを借りる事が出来ました。

今は契約社員にもなる事ができ、彼と安定した夢の同棲生活を送っています。♪(≧ω≦)♪

友達にも地元で彼氏が出来たようで、ホッとしてます。笑笑

長々とすみません、最後まで読んで頂きありがとう御座います。m(_ _)m

参考になるかどうか分かりませんが、これが私のリアルな体験談です。

I・Hさん(23歳・女性・福岡県・おっとりタイプ)

あわせて読みたい